徳島沖GPS波浪計設置工事洋上撮影

国土交通省GPS波浪計設置工事のVPを撮影。
早朝、暗い時間より出航し、約4ノットで現場海域まで航行。
計画上の座標通り正確に設置するため、潮流等も正確に計算された上でGPS波浪計のアンカーが投下される。
日本全国では18基が設置され、海面変動をいち早く計測し、災害防止に努めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください