小豆島における埋蔵文化財(石丁場跡)調査

大阪城が築城された際、小豆島から多くの石が海を渡って行きました。しかし、どのような場所でどのような石が運び出されたのか、まだまだ謎が残っています。
そこで、現在では荒れて山に入れない場所や危険な場所へ、無人航空機を利用し、新たな発見へ挑戦しています。
これまでにもいくつか、記録にない石丁場跡を発見し、更なる調査へとつなげています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください