HDR写真と高画質パノラマ写真のメリットとは?

HDR写真

HDR写真とはハイダイナミックレンジの略で、露出の異なる複数枚のカットを1枚にまとめて、暗い部分と明るい部分のそれぞれが色つぶれしないよう見せる技法です。
これらの編集もできる限り、人間の目で見たイメージに近づけることで、より自然に見せることが可能です。
特にこの技法では逆光下での撮影に適し、通常であれば暗い部分に露出を合わせると太陽は白飛びし、逆に太陽に露出を合わせれば影の部分は黒つぶれします。
ただし、この技法はそれぞれのリレーズに若干のタイムラグが発生してしまうので、動きのあるものには適していません。

 

高画質パノラマ写真

複数枚のカットをスティッチングすることで解像度を上げ、画質もより高いものにすることができます。
この技法は、動きの速いものは苦手ですが、若干の動きのあるものにも対応が可能です。
また、1億万画素を得られる大判カメラに匹敵するサイズを作り出すことも可能な技法です。

 

 

DTP(印刷)について

それぞれの技法を用いることで、より大きな紙へ高画質で印刷を行うことが可能になります。
A1サイズのポスターや垂れ幕、壁紙等へも対応することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください